SeeSeedSについて

掲載お申込みはこちら

IoT/機械学習の開発基盤を無料ソフトウェアで作る

その他 B to B/新商品・新サービス/会社の紹介

近年、IoTの開発基盤やAIで必要とされる機械学習の開発基盤において無料のソフトウェアが注目されています。
無料のソフトウェアはオープンソースソフトウェア(OSS)と呼ばれ、無償で利用でき、ソースコードが公開されています。

デージーネットでは設立以来、一貫してオープンソースソフトウェアを活用したシステム構築にこだわってきました。
その時代に求められているシステムを実現するため、オープンソースソフトウェアの調査を行い、現在注目されているIoTの開発基盤やAIで必要とされる機械学習の開発基盤もオープンソースソフトウェアを活用し構築しています。

◇無料のソフトウェアがIoTやAIを支える
近年製造業では、国際的な競争力を高めるため、IoTに取り組むことは、必須命題となりつつあります。また、インフラの分野でも、スマートメーターなどが注目されており、電力やガスの事業者ではIoTの導入が検討されています。
IoTでは、大量の情報を集めて管理する必要があるため、ビックデータを扱う技術も必要になっています。

また、AIも製造業を中心に注目を集めています。自動運転車などでも知られているように、画像処理技術の進化により、自動化や製品の検査など、様々な分野でAIを導入しようとする企業が増えています。

これまで、IT分野の変革は、Microsoft、Oracle、Appleなど、製品ベンダーの企業戦略によって起こされていました。最近では、Google、FacebookなどITサービスの分野で変革が起きるようになっていますが、こうしたITサービス企業は積極的に技術をオープンソース化して公開しています。例えば、AI画像処理の技術として有名なTensorflowは、Googleが開発して公開したオープンソースソフトウェアです。

そのため、IoT、ビックデータ、AIの分野は、歴史上ではじめて、オープンソースソフトウェアによって変革が行われていると言われています。

◇オープンソースソフトウェア(OSS)とは
オープンソースソフトウェアは、誰でも自由に修正し再配布することができます。また、多くのオープンソースソフトウェアが、コミュニティで管理されています。コミュニティには、様々な人が参加しており、その結果、オープンソースソフトウェアのコミュニティは、様々な人の貢献で成り立っています。この貢献によって、オープンソースソフトウェアは非常に早いスピードで進化しています。

既に現在では、GoogleやAmazonなどのネットサービスの多くがオープンソースソフトウェアで構成されています。ネットサービス事業者は、オープンソースソフトウェアを利用することで低価格でサービスを実現しているのです。一方で、ネットワークサービス事業者も、自社で開発した技術の多くをオープンソースソフトウェアとして公開しています。

このようにオープンソースソフトウェアは、システム開発の中ではなくてはならないものとなっています。

しかし、オープンソースソフトウェアは自己責任で利用しなくてはなりません。上手く動かなかったり、障害が起きても無料のサポートなどはありません。コミュニティに連絡すれば、相談に乗ってくれる場合もありますが、多くの場合には英語でのやりとりになります。さらに技術的な説明も必要になってきます。
そのため、利用には相応の技術力が求められ、技術力の不足が懸念される場合には、商用サポートや構築ベンダーなどを利用する必要があります。

◇OSSでシステムを作る専門集団 =「デージーネット」
デージーネットでは設立以来、一貫してオープンソースソフトウェアを活用したシステム構築にこだわってきました。

特に、多くのユーザが利用するシステムを得意としていて、認証、冗長化、データの移行などに注力しています。さらに、オープンソースソフトウェアを利用してサービス提供を行うために必要なソフトウェアの開発や、オープンソースソフトウェアのカスタマイズも行っています。開発したソフトウェアは、オープンソースソフトウェアとして公開しています。

また、働き方改革で必要なソフトウェア、IoT、AIで必要なソフトウェアなど、その時代に必要なソフトウェアを最先端のオープンソースソフトウェアで実現する方法を調査しています。

◇IoTや機械学習の開発基盤を無料ソフトウェアで実現
デージーネットでは、オープンソースソフトウェアを使い、IoTの開発基盤やAIで必要とされる機械学習の開発基盤の構築を実現しました。
例えば、最近ではコンテナ型仮想化を実現するKubernetesというオープンソースソフトウェアを積極的に紹介しています。コンテナ型仮想化は、これまでの仮想化の技術よりも、より少ないコストで仮想化を行うことができます。

また、コンテナ型仮想化の基盤を構築したいというお問い合わせとともに、導入するためのコンサルティングのご要望も頂いています。

このようにデージーネットは、オープンソースソフトウェアの専門家として、100種類以上ものオープンソースソフトウェアを扱い、今の時代にあったシステム構築を行っています。

■会社概要
本社所在地:〒465-0025 名古屋市名東区上社四丁目39-1
東京営業所:〒105-0013 東京都港区浜松町二丁目6-5 浜松町エクセレントビル8F
設立年: 1999年5月
従業員数: 35人

この件に関するお問い合わせ

052-709-7121月~金 9:00~18:00

052-709-7122月~金 9:00~18:00

hasimoto@designet.co.jp担当/橋本

社名
株式会社デージーネット
所在地
愛知県名古屋市名東区上社四丁目39-1
設立年
1999年5月
代表者名
恒川 裕康

recommendationおすすめの記事

トップへ