SeeSeedSについて

掲載お申込みはこちら

無線機とアンプの一体型放送“災害に強い放送システム”取付けのみ簡単すぐに設置可能

その他 B to B/新商品・新サービス/商品・サービスの紹介

災害から多くの命を守るためのご提案 「最後に頼りになるのは“人の声”での呼びかけです。」

松栄電子工業 株式会社は近年、南海トラフ地震が懸念される東海地方をはじめとした地域で防災意識の高まりがみえる中、企業や工場において急な震災等からの被害を最小限にするためには何が必要なのかを考え、無線機を使った放送システムが必要であると着目した。
このたび松栄電子工業は、災害時に放送者が逃げ遅れることなく避難しながらでも無線機から一斉放送ができるシステムとして「事業所内無線放送システム」を発売する。
発売日は2019年6月1日で現在販売中。(メーカー希望小売価格予定 240,000円※1)。完全受注生産で既存の放送システムとの連携等は打合せにて柔軟に対応可能。

※1 基本セット(1) デジタル簡易無線5W(屋内用):無線送信機IC-D60 1台 + 無線放送器EM-K01 1台

【商品概要】------------------
商品名:事業所内無線放送システム
予定価格 :240,000円~255,000円(税抜)
受注開始日:  2019年6月1日
内容:無線送信機、無線放送器※2

※2 事業所内無線放送システムには屋内仕様、屋外仕様がある。システム内の機器は各単体での販売も実施している。
------------------------------



【開発経緯】

松栄電子工業は「人々の安全と安心を守る“防災・減災”」を大きなテーマに創業以来およそ50年、国土交通省の電気通信設備に関する事業に携わってきた。
松栄電子工業が携わってきた事業はインフラ整備だけでなく、被災地への災害支援出動など多岐にわたり、特に電気通信分野での経験と技術をもっている。
松栄電子工業はこれまでに培った電気通信技術を活かし、「人々の安全と安心を守る製品造りをしたい」という思いから防災・減災のキーワードに着目し、多くの人々の役に立つ製品の開発に着手した。

かねてより松栄電子工業では既存の顧客のとある工場から「無線機を使い、移動しながら大きな音で放送ができる装置」の開発依頼を受けていた為、電源を入れるだけで無線機から直接スピーカーに放送をかけられる事業所内無線放送システムの元となる仕組みを試作していた。

また、代表の平松は、2019年7月に東北の被災地を訪れ、現地の方々から被災時に一番役に立った情報収集手段についてきいた経験から、停電しても確実に情報収集ができる無線機の必要性を改めて感じた。

東日本大震災後、BCP「事業継続計画」※3を策定する企業が増えてきている。災害時の最優先事項は人命を守ることになるが、過去の災害では非常放送の為に建物内にとどまり避難誘導を行った人が亡くなるという痛ましい事故が発生した。二度とこのような被害を出さないために、松栄電子工業が提案するのは避難指揮者の安全を確保しつつ放送が行える“事業所内無線放送システム”である。

※3 BCP「事業継続計画」:緊急時の対応マニュアル

【新発想 アンプ搭載の大音量&屋内と屋外の2タイプ】
事業所内無線放送システムは、松栄電子工業が鉄工所などの工場や事業所内でも確実に放送が聞こえることを目的に、選挙カー等で使われるスピーカーとアンプを搭載した機器設計を採用している。無線放送機の内部に無線送信機からの電気信号を増幅する役割のあるアンプを用いたことでスピーカーから大きな音量での放送を可能にしている。
機器の上部に付いているメガホンスピーカーが特徴的な見た目は屋内仕様と屋外仕様に共通している。

【スピーカー配線がいらない】
無線送信機、無線放送機の2つがあれば所内の電源につなげて設置するだけで放送が行える。
無線機とスピーカーの一体型なので特別な配線は必要がない為、配線の難しい場所での放送や既存の放送機器との併用に適している。

【バッテリーを内蔵、停電時でも放送可能】
突然の停電時や電源のコードが抜けてしまった時も、無線放送機に内蔵されているバッテリーへ充電された電気を使い放送がかけられるので問題なく使うことが出来る。道路などを挟んだ離れた場所への放送設備の導入や野外イベントの特設に適している。

【緊急時にはチャンネルを変えるだけで放送】
事業所内無線放送システムは無線機を利用した放送システムなので、通常は連絡用の無線機として使うことが出来る。また、災害時や緊急の放送が必要な時には無線送信機のチャンネルを指定のチャンネルに合わせるだけで無線放送器から放送がかけられる。
放送をかけたい場所に複数の無線放送器を置けば、広い範囲に一斉放送をかけることもできる。

動作時イメージ
システムイメージ
パンフレット表
パンフレット裏
この件に関するお問い合わせ

052-531-5660月~金 9:00~17:30

052-531-4112

info@shoei-denshi.co.jp担当/猪狩

社名
松栄電子工業株式会社
所在地
愛知県名古屋市西区大金町1-32
代表者名
平松義朗

recommendationおすすめの記事

トップへ