SeeSeedSについて

掲載お申込みはこちら

IT企業の大掃除! ~ サーバ室の掃除方法 ~

その他 B to B/会社の紹介

オープンソースソフトウェアに特化したIT企業である株式会社デージーネットでは、年末の最終営業日に大掃除を実施しています。
年末の大掃除以外にも、毎週水曜日の朝に社内と社外の清掃を行ったり、年に4回クリーンアップキャンペーンを実施したりしています。しかし、普段の清掃では行えないエアコンの掃除などを年末の大掃除で行っています。

大掃除は17時から18時の1時間、社員全員で手分けして行います。最終営業日の17時になると、それぞれが掃除したい箇所へ動き始め、集まった人たちで役割分担を決め大掃除が始まります。普段は各自机に向かって仕事をしていますが、最終営業日の最後の1時間だけは雰囲気がガラリと変わり、新年の準備を社員全員で行います。


■サーバ室の掃除
IT企業ならではのサーバ室の掃除も大掃除の時に行います。サーバ室は多くのお客様にも関わってくるサーバが置いてあり、社内でも特に重要な場所となります。
そこで今回は、サーバ室の掃除方法について紹介します。

◆サーバのファンや吸気口の掃除
サーバには、ファンや吸気口がついています。サーバの吸気口は外の空気を吸い込み、ファンで空気を循環させサーバ内部を冷却しています。
しかし、ファンや吸気口に埃が溜まってしまうと、ファンの回りが悪くなったり、サーバ内部での喚起ができなくなってしまいます。これにより、内部の冷却効果が薄れてしまったり、ファンの回る音が大きくなり静音性の妨げになってしまうことがあります。
特に吸気口は常に外からの空気を吸い込んでいる部分のため、埃が溜まりやすい箇所になっています。そのため、大掃除の際にサーバのファンや吸気口の掃除を行います。
掃除の際にはサーバを停止させる必要があるため、デージーネットではサーバ室の掃除は必ず情報システム管理者が行います。
サーバを停止後、カバーをはずし、綺麗な布などでひとつひとつ丁寧にふき取っていきます。

◆サーバラックなどその他の埃
サーバのファンや吸気口を掃除後、吸気口から埃をできるだけ吸わないようにするために、サーバ室内の絨毯やサーバラックなどの埃も掃除します。この時も粘着カーペットクリーナーなどを使って丁寧に埃を取っていきます。

◆ケーブルの整理
ネットワークケーブルや電源ケーブルなど、サーバには複数のケーブルが接続されています。そのため、サーバがいくつも保管してあるサーバ室は、「このケーブルはどのサーバにつながっているのか分からない」「先をたどってみたら接続されていないケーブルだった」ということがあります。これらのケーブルを大掃除の機会にすべて確認します。
ケーブルの整理を行う際のポイントは以下の通りです。

・ 電源ケーブルが劣化してないか確認する
・ 接続されていないケーブルは片づける
・ サーバ毎にケーブルをまとめてひと塊にしておく


このように、大掃除の際にサーバ室の掃除をしておくことで、サーバを安心して保管しておくことのできる環境を整えています。


■この他大掃除で実施していること
デージーネットでは、サーバ室以外にも普段の清掃ではできない部分の掃除を行っています。

◆エアコンの掃除
各会議室など、社内にあるすべてのエアコンの掃除を行っています。
エアコンの掃除では、背の高い社員が椅子の上に乗ってカバーを外し、下で受け取った社員が掃除機で埃を吸い取ります。カバーだけでなく、エアコンのフィルターも外して掃除しています。3人1組で連携の必要な箇所になるので、大掃除の中では特に大変な箇所です。

◆換気扇の掃除
換気扇の掃除もカバーやファンも外し中まで掃除を行っています。エアコンに比べるとサイズが小さいのですが、数が多いのでスピーディーに掃除をしていく必要があります。換気扇は普段あまり目立たないので大掃除の時に、こんなところにも換気扇があったのか!と驚く社員もいます。

◆蛍光灯の掃除
蛍光灯の掃除では、1本1本外して雑巾がけをしています。電気を消してすぐだと非常に熱いため、社内の大掃除はまず電気を消すことから始まります。蛍光灯の掃除は、蛍光灯を外す人と拭く人、はめる人の3人1組でバケツリレー方式で行っています。蛍光灯自体が熱いのと不慣れな動作により最初はもたつくことが多く、こんなにたくさんの蛍光灯拭ききれるかな、と不安になりますが、動作の慣れと連携がスムーズになることにより徐々にスピードが速くなり時間内にきっちり拭き終わります。掃除する対象の数が多い分達成感の高い箇所です。

◆給湯室の掃除
給湯室の掃除では、排水溝などの洗浄と電子レンジの中の掃除などを行っています。
また、各階の給湯室には冷蔵庫が置かれているため、冷蔵庫の中も掃除を行います。
普段はお弁当などを入れたりしている冷蔵庫ですが、大掃除の時に改めて中を掃除してみるといつから入っているかも誰のかも分からないタッパーに謎の食べ物などが出てきてりするのが衝撃です。そのため、給湯室担当の人たちからはたまに悲鳴が聞こえてきます。


■自分たちで大掃除する目的
これらの清掃を業者に依頼することなく、自分たちで大掃除することには以下の目的があります。

◆機器の状態を確認する
サーバ室の掃除では、サーバの内部も掃除することで故障の予防になります。また、自分たちで掃除することで機器の状態などを直接確認することができます。これは、サーバだけに限らず、蛍光灯の掃除でも大掃除で一度外すことで、接続が緩くなっているものなども、しっかりと付け直すことができます。

◆感謝の気持ちを持つ
自分たちが使っているものや場所を自分の手で綺麗にすることで、1年間の感謝の気持ちをもって向き合うことができます。
また、感謝の気持ちを持つことで綺麗に使おうという意識が芽生え、大掃除後も綺麗な状態を保てるようになります。

◆視野を広げる
普段の社内清掃では行えない箇所も、自分たちで掃除することで、自分たちが勤める会社について改めて知ることができます。また、自分の身の回りだけでなく、みんなが利用する共有スペースも大掃除することで、共有意識を高め自分だけではなく周りも見れるよう視野を広げる目的もあります。

◆様々な形で協力し合う
大掃除では、掃除する箇所は決まっていますが、だれがやるかまでは決めていません。そのため掃除する箇所に集まった人たちの中で、誰がどこをやるのか担当分けを行います。担当分けの過程でその場を仕切るリーダー格の人がいたり、担当箇所が終わった人は自ら率先して他の人の担当を手伝ったりと、協力し合いながら大掃除を行います。

◆新年を気持ちよく迎える
自分たちで大掃除することで、どこを綺麗にしたか認識することができます。業者に依頼した場合は、社員の知らないところで掃除がされていたり、なかなか実感をすることができません。
気持ち的な面でも、綺麗になった環境で新しい年を迎え気持ちよく仕事を始められるように自分たちで大掃除を実施しています。

デージーネットでは、このような目的を持ち自分たちで社内の大掃除を実施しています。

■ 会社概要
会社名: 株式会社 デージーネット
代表者: 代表取締役 恒川 裕康
本社 : 〒465-0025 愛知県名古屋市名東区上社四丁目39-1
東京営業所:〒105-0013 東京都港区浜松町二丁目6-5 浜松町エクセレントビル8F
設立年: 1999年5月
資本金: 4,000万円
従業員数: 40人
URL : https://www.designet.co.jp/

この件に関するお問い合わせ

052-709-7121月~金 9:00~18:00

052-709-7122月~金 9:00~18:00

hasimoto@designet.co.jp担当 / 橋本

社名
株式会社デージーネット
所在地
愛知県名古屋市名東区上社四丁目39-1
設立年
1999年5月
代表者名
恒川 裕康

recommendationおすすめの記事

トップへ