SeeSeedSについて

掲載お申込みはこちら

コミュニケーションタイプや心理テストでチーム分け 組織作りを考えた社員旅行

その他 B to B/会社の紹介

オープンソースソフトウェア(※1)に特化したIT企業である株式会社デージーネットでは、年に2回春と
秋に社員旅行を行っています。
社員旅行では、旅行先に行くまでの移動手段から旅行先でのイベント、帰るまでを通して、社員全員が親睦をより深められるよう、様々な仕掛けを取り入れています。
この仕掛けによって、社員同士の交流促進と、業務内でも互いに協力し合えるような計算された組織作りを行っています。
社内の円滑なコミュニケーションにより業務効率もあがり、売上高も5年間で14%上がっています。

(※1)オープンソースソフトウェア
オープンソースソフトウェア(略称:OSS)とは、無償で利用でき、ソースコードが公開されているソフトウェアのことです。

■組織作りを考えた社員旅行
デージーネットでは、社員同士の親睦を深めるため、春と秋の年2回社員旅行を行っています。この社員旅行では、ただ社員同士の親睦を深めるだけでなく、会社全体の組織作りにつながるような様々な工夫を取り入れています。

◇旅行先への移動
デージーネットの社員旅行は、現地集合・現地解散です。そのため、現地までどうやって行くかは社員それぞれが自分で考えて計画します。
車で行く人に乗せてもらったり、電車が好きな人で集まって電車で向かったりと、それぞれが自主的に社内の人に声を掛け合いグループを組みます。
また、社内で取り入れている独自制度の「デジポイント制度(※2)」がレンタカー代金に利用できるため、6名以上でグループを組んでレンタカーを借りて向かう人もいます。
このように、自分からコミュニケーションを取りに行くことで、自主性を高められるようにしています。

また、行動グループでの寄り道等、親睦を深める機会を促進するために、社員旅行のしおりに周辺情報を載せるなどもしています。

(※2)デジポイント制度
社内イベントに参加することで『デジポイント』が貯まり、1デジポイント=1円として社外での交流に利用することができる制度です。

◇イベント
現地では、旅行先に合わせたイベントが開催されます。
イベント内容は、サイクリングやクルージング、いちご狩り、そば打ちなど、その時々で多岐にわたります。
このイベントは、旅行先決定後、管理部でイベントをいくつか準備し、どのイベントに参加したいか事前アンケートを取ります。
ここでは、自分が参加したいと思うイベントに参加することで、趣味嗜好の似ている人たちが自然と集まり、部署など関係なく交流を深められるようにしています。

◇宴会でのチーム分け
旅行先でのイベント終了後、宿泊先では宴会を行います。
この宴会では、宴会部長仕切りの元、その時のテーマに沿った謎解きゲームやクイズ大会などを行います。ここでの席決めやチーム分けは、事前に行う心理テストや性格診断、カラー診断などを元に決定します。

以前実際に行ったチーム分けでは、コミュニケーションタイプ診断テストを事前に実施しておくことで、「コントローラー」「プロモーター」「アナライザー」「サポーター」の4タイプごとにチーム分けを行いクイズ大会を行いました。
コミュニケーションタイプが似ている人同士でチームが組まれるため、チームごとのカラーがより強くなり、クイズへの取り組み方もチームによって大きく差が出ました。
このようなタイプ分けや性格診断の結果に応じてチームを組ませることで、互いのことをより知ることができたり、自分自身についてもこんな一面があるんだと気付くことができる工夫を交えています。

◇次回の予定
次回の社員旅行は、10月26日・27日に静岡県焼津市で開催します。

◆社員旅行企画者の声
社員旅行を企画するうえで一番力を入れているところは、宴会の企画です。
宴会は、社員旅行の参加者が一堂に会する場です。全員で盛り上がり、社員旅行の目的である「親睦を深める」ことが部署を超えて実現しやすい場と思っています。
宴会で行うゲームでは、チーム対抗という形をとっており、ただ全員でゲームをしておしまい、という流れにはしていません。このチームというのは、単純に部署や年齢といった分け方ではなく、心理テストや事前アンケートで何かしら共通点のあるチームを作るようにしています。どんなチームなのかを全員で共有することで、「私とあの人はこんな共通点があったのか!」と、新たな発見・共通の話題になります。そういった新しい接点を作る場として、チーム分けに力を入れています。

例えば、休日に何をして過ごしているのか、という事前アンケートから、『アクティブ派』なのか『インドア派』なのかを分析し、チーム分けをしたことがあります。
「『IT会社はインドアで暗い人が多い』というイメージ/偏見があるよね。」といった一言が発端でしたが、事前アンケートの結果、実際社内では『アクティブ派』と『インドア派』半々に別れたので採用しました。

この時は、ゲームも、比較的体を動かすものを実施しました。景品も、『暗い/インドアなイメージ通りになるのはあまり好ましくない』『うちの社員にはできるだけアクティブに、健康に過ごしてほしい!』といった願いから、筋トレ・健康グッズや、ピクニックグッズなど、アクティブに過ごす際に役立ちそうなものを選びました。

一見ただゲームをしているだけに見える宴会ですが、企画する際にはチーム分けからゲーム、景品に至るまでいくつかテーマを設け、それぞれ社員の親睦を深めるきっかけを多く作れるように、工夫を重ねています。
社員旅行後のアンケートで、「楽しかった」「新しい発見があった」といったコメントをもらえると、とてもうれしい気持ちになります。

◆社員旅行参加者の声
新人の時に参加した社員旅行で、伊勢方面へ行きました。
入社して1カ月ほどしか経っていなかったため、まだ話したことのない先輩社員も多くいました。
旅行先までの移動は、新人のリカバリー担当の先輩にお願いし一緒に電車で移動しました。その際、他の先輩社員にも声をかけてくださり、8名ほどの人数で移動をしました。電車内で先輩の話を聞いたり、自分の話をしたりしながら現地に向かったのを覚えています。
その時の社員旅行では、水族館へ行きました。現地集合で集まった他の社員の人たちと一緒に水族館の中を見て回り、お昼ご飯もみんなで食べました。この時点で、大半の社員の方ひとりひとりと話をすることできました。
宿泊先での宴会では、コミュニケーションタイプでのチーム分けでした。あまり話をしたことのなかった上層部の方とも同じチームになりましたが、「このチームの人はこうゆうところあるよね。」といった、そのタイプの人あるある話が話のきっかけとなり、親睦を深めることができました。
新人の自分にとっては、話したことのない社員の方とも距離を縮めることができる機会となり、社員旅行後は、分からないことを先輩社員に聞きやすくなりました。

◇計算された組織作り
このようにデージーネットの社員旅行は、出発してから帰宅するまで社員同士が互いを知り、交流を深められるよう様々な工夫をしています。
今までは、ただみんなで旅行して終わりだった社員旅行を、業務内で円滑なコミュニケーションを取ることができる組織作りをするため、既存社員から新入社員まで部署や年齢関係なく全社員が関わり合えるよう計算し、親睦をより深めることができるようになりました。
これにより、社内の部署やチームごとで固執することなく、業務内でも互いに協力し合える体制を強化することができるようになりました。
この計算された組織作りにより、業績も徐々に上がっています。(2014年から2018年の5年間で売上高14%UP)

◆売上高
2014年 12月期:260,986,477円
2018年 12月期:297,788,133円

この他にも、社員同士の交流促進と業務内でも互いに協力し合える組織作りのため以下のようなイベントや制度を社内で実施しています。

・清掃活動
 毎週水曜日の朝、社内と社外の清掃を行っています。
 社外清掃を通じて地域社会・環境へ貢献しています。
 また、毎年清掃の皆勤者を表彰します。

・お誕生日会
 毎月、社員のお誕生日を祝うため誕生日会を開催しています。
 社員全員が会議室に集まり、ランチをしながら交流を深めます。
 また、食後には毎月担当者がセレクトした美味しいケーキをみんなで食べます。

・屋上菜園(苗植え)
 年に2回、屋上菜園に苗を植えます。
 枝豆やサツマイモなど苗から植え、水やりは当番制で行います。
 収穫したものは社内で調理し、収穫祭を行います。

■ 会社概要
本社所在地:〒465-0025 名古屋市名東区上社四丁目39-1
東京営業所:〒105-0013 東京都港区浜松町二丁目6-5 浜松町エクセレントビル8F
設立年: 1999年5月
従業員数: 38人

この件に関するお問い合わせ

052-709-7121月~金 9:00~18:00

052-709-7122月~金 9:00~18:00

hasimoto@designet.co.jp担当 / 橋本

社名
株式会社デージーネット
所在地
愛知県名古屋市名東区上社四丁目39-1
設立年
1999年5月
代表者名
恒川 裕康

recommendationおすすめの記事

トップへ